英検1級過去問と本番のスコア関係

はじめに

今回は英検1級の過去問と本番スコアの関係をテーマにします。めでたく英検1級に合格したので、振り返ってみたいと思います。

データ

私は5回分の過去問を解きました。

T
(%)
R
(%)
L
(%)
R1
25問
R2
6問
R3
10問
L1
10問
L2
10問
L3
5問
L4
2問
177738117589931
278786815589931
376827020596752
471806219685732
58382852041091031
本番898889215109942

*データはReadingとListeningのみ

**Total=T, Reading=R, Listening=L, Rは大問1-3, Lは大問1-4

考察

過去問は5回分全て、7割と言われる合格ラインを超えていました本番は過去問でも出したことのない89%(RとLのみ、Wは84%)でしたが、過去問で安心感があったので落ち着いて解けました。

2次試験も無事に受かりました。

おわりに

過去問は自分の実力を測り、合格ラインとのGAPを埋めるための最良の手段だと改めて感じました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大