GMAT Prepと本番の関係

こんにちは、今日のテーマはGMATです。私は勉強開始から6ヶ月間、3回受験して最終スコアが660だったため、GMAT攻略法などを語ることはできませんが、GMATスコアの変遷とPrepの点数を紹介したいと思います。

2018年のGMAT全記録

4/29 GMAT勉強開始

→Vは濱口塾、Qはマスアカで勉強開始。GMAT単語帳も購入。

7/19 Prep1(T620, Q49, V25, IR7)

→本番前日の夜に初挑戦。遅かった…。AWAの雛形を必死で暗記。

7/20 本番①(T550, Q48, V19, IR4, AWAスコアキャンセルで不明)

→会場のペンの描きにくさに怒り。雰囲気はつかむ。

8/20 Prep3(T630, Q47, V29, IR2)

8/25 Prep2(T710, Q49, V36, IR1)

9/6 Prep4(T620, Q50, V23, IR8)

→有料Prep4回分を購入。3連チャンで練習も点数の差が激しすぎて参考にすらならず。

9/10 本番②(T420, Q47, V7, IR5, AWAスコアキャンセルで不明)

→1ヶ月半毎日勉強してなぜか120点下がるという謎テスト。帝国ホテルタワーの有名なソファでうなだれる。30分くらい動けない(マジです)。

10/8 Q対策として、Jマスの教材購入

10/27 Prep5(T610, Q49, V23, IR3)

11/1 Prep6(T710, Q50, V36, IR7)

11/3 Prep3②(T720, Q50, V38, IR4)

→Prepも安定してスコアが取れてきた、が不安しかない。

11/4 本番③(T660, Q49, V31, IR7, AWA4.0)

→Qは解いてる最中に49点と確信(慣れてきたから体感でわかる)、Vは普段解いていた問題と比べてあまりにも難しくて2〜3割しか解けなかったが、なぜか(比較的)ハイスコア。最初が連続で正解したのでしょうか。

660点獲得後

カウンセラーに速攻メール。まだスコアアップが必要ですか?という問いに対して、(IEとESADEが第一志望群だったため)(速攻で)不要との連絡。エッセーに取り掛かる。そして無事に合格しました。

おわりに

Prepと本番の点数の推移を見ましたが、見事に相関関係はありませんでした。しかし、よく言われるPrepマイナス50点が本番というのにも当てはまりましたし、スコアがぶれるからこそ何回か受けてハイスコアをとる確率をあげるしかないのかなと思いました。精神的には辛かったので、もう2度とやりたくないです(私の周り、日本人に限らず全員言っています…)。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大