独学MBA08_最初に読むべきMBAおすすめ本10冊(入門編)

0. 全体感の把握
この記事は約4分で読めます。

独学MBAカリキュラムでは、MBAの内容を独学で学べるコンテンツ(Webページ、動画)10つのトピックに分けて紹介しています

Sun
Sun

今回は入門編として、各トピックを学ぶための最初の一冊を紹介していきますね。

参考書籍一覧

カリキュラムに沿って書籍を見ていきます。どの本も超ハイクオリティです。初心者向けのわかりやすい本を選んでいるので、安心して読めると思います。

0. 全体感の把握

マンガでサクッとイメージを掴みましょう(作者はグロービスMBA卒業生)。MBAはどんなトピックを学ぶのかを理解するのが最初の一歩ですね。

1. 思考

クリティカルシンキング

イシュー度(インパクト)の大きい課題に取り組むことが大事で、クリティカルシンキングの土台となる考え方を学べます。言わずとしれた名著。

データ分析

データ分析の授業の準備にぴったりの本。データ分析をビジネスにどう応用するのか?をテーマに解説されています。

2.経営戦略

私がIEビジネススクールのStrategy(必修)で学んだ内容が、簡潔にまとめられています。

オペレーションズ・マネジメント」の授業では、生産・在庫・物流等、種々の計画策定・意思決定を行う際に有益な、定量分析の手法を勉強することができます。小説仕立てで、初心者でも読みやすく、オペレーションマネジメントとはなんぞや、ということを理解できます。第一弾は工場、第二弾は経営がテーマです。

3. マーケティング

マーケティングの基礎を学ぶのに必要なことがまとまっています。こちらも、IEビジネススクールのMarketing(必修)の授業内容が簡潔にまとまっています。

4. アカウンティング

財務3表は一体で学び、一気に理解してしまいましょう。

5. ファイナンス

本当にわかりやすい。初心者向け。最初の一冊はこれでOK!

6. 組織・人事

安定のグロービスです。必要なポイントが全てまとまっています。

7. テクノロジー

留学前に絶対に読むべき本ベスト3に選びたい本です。先ほど紹介した「イシューからはじめよ」の著者である安宅さんが書かれた本で、AI・データ時代に必要なスキル、日本の立ち位置や目指すべき方向性という、MBA生に必要なTechnologyと日本という2つのテーマについて解説をしてくれています。デジタル時代のキャリアを考える上でも必須の本。

8. ソフトスキル

INSEADの教授が書いた本で、各国の文化やビジネス習慣の違いを可視化してくれています。ダイバーシティやグローバルコミュニケーションの必要知識が学べます。留学者は必読です。

9.アントレプレナーシップ

IEのPeriod1のアントレの授業で学ぶような基礎的な内容が、めちゃくちゃわかりやすく書かれた本。新書なのでポイントをさくっと読めます。

10. その他

タイトル通りの本。余裕あれば是非!

おわりに

今回の記事は、MBAを学ぶための入門本を紹介しました。各トピックで1〜2冊になるように厳選したので、ぜひ目を通してみてください。

Sun
Sun

初心者〜中級者向けの本を30冊紹介している記事はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました