独学MBA⓪-1(はじめに)

はじめに

独学MBAはここからスタートです。独学MBAを作るきっかけは、私自身の経験からです。海外MBAは、1〜2年という期間と1,000万円以上と言われる金額を費やす必要があるため、負担は少なくありません。

総合的に考えると、私自身はMBA留学の価値を感じているのですが、一方でMBAの一部は、確実に独学で置き換えられると感じました。まずは1:2:7の法則に注目しました。

1:2:7の法則とは?

人は何から学ぶのかという研究結果です。

10%本や研修を受けて学ぶ

20%他者の経験や他者からのフィードバックから学ぶ

70%自分自身の経験から学ぶ

MBA留学も同様に、10%は大量の課題や講義形式の授業20%がグループワーク、ディスカッション、フィードバック70%が自分で実際に行動して経験した結果の学びです。

MBAに行く価値は、20%と70%、すなわち他者(世界中から集まる同級生や教授など)からの学びと、世界を舞台にチャレンジできる機会があることです。しかしながら、独学MBAは、上記10%に当たるインプット部分を体系化し、それぞれの分野で学ぶべき内容を記事、書籍、動画で紹介しようという試みです(ほとんどは無料!)。

目指しているのは、こちらのサイト(英語)の日本語版を作ることです。本もあります。

The Personal MBA

The Personal MBA

この独学MBAカリキュラムを参考にしながら、他者とディスカッションやフィードバックを受け自分で人を巻き込みながら行動していけば、ほとんどを独学で身に着けることができると思います。仮にMBAにかかる費用の一部でも独学で置き換えられるとすれば、独学MBAには数百万円の価値があるかもしれません。

また、MBAで学ぶ内容を体系化するという試みなので、MBA留学前(特に合格後)、留学中、卒業生の方にも、予習・復習に使って頂けると幸いです。

それでは、独学MBAの旅に出かけましょう。

MBAとは?

MBAとはMaster of BusinessAdministrationの略称です。日本語では経営学修士号、または経営管理修士号と呼ばれる学位であり、経営学の大学院修士課程を修了すると授与されます。よくMBAは資格(国家資格や業務独占資格等)と混同されることがありますが、MBAは資格ではなく「学位」です。MBAプログラムを提供している大学院は、通称としてビジネススクールと呼ばれており、主に社会人を対象にしています。

グロービス公式サイト:https://mba.globis.ac.jp/about_mba/

最初に読みたい本は下記の2冊です。マンガの方が気軽に読めるのでおすすめです。

カリキュラム

独学MBAカリキュラムは、10つの分野からなります。

0.全体感の把握(シラバス)

1.思考(クリティカルシンキング、データ分析)

2.経営戦略

3.マーケティング

4.アカウンティング

5.ファイナンス

6.人事・組織(リーダーシップ)

7.テクノロジー

8.コミュニケーション

9.アントレプレナーシップ

10.その他(プレゼンテーション、経済学、SDGs、法務、オペレーション等)

参考:グロービスのカリキュラムマップ

カリキュラムマップ(2020年度)

グロービス経営大学院

次の記事で、各分野の内容や学ぶ目的(シラバス)を見てみましょう。

今回の記事は、カリキュラム全体を概観し、何を学ぶのか、どんな目的で学ぶのかを確認します。 MBAカリキュラムのシラバス ...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大