留学中に日本の携帯番号を残すべきか?

渡航関連
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。今回は、留学中に日本の携帯番号を残すべきか、解約すべきかについて書きたいと思います。

日本の携帯番号を残すべき3つの理由

結論は、「日本の携帯電話番号は残した方が良い」です。理由は以下の3つです。

  1. 手続きが面倒くさい
  2. 出発ギリギリまで・日本一時帰国中・帰国後にすぐに使える
  3. 安く維持できる

一つ一つ見ていきましょう。

1. 手続きが面倒くさい

日本の携帯番号に紐づいているサービスは山ほどあると思います(下手したら数十〜100?)。一度番号を手放してしまうと、またイチから電話番号の変更をしなくてはなりません。こんなことに時間を使いたくないですよね。なので番号維持が良いと思います。

2. 出発ギリギリまで・日本一時帰国中・帰国後にすぐに使える

留学で日本を離れるとはいえ、最大1〜2年ですし、途中で日本に帰ってくることもあるでしょう。また出発ギリギリまで携帯を使いたいでしょうし、帰国後した瞬間に携帯が使えるのは相当ありがたいですよね。

私は卒業まで日本に帰るつもりはなかったのですが、コロナの影響で一時帰国しました。その際にスマホが使えたのは相当助かりました。

3. 安く維持できる

少し前までは携帯料金はかなり高額でしたが、今は格安SIMでとても安く維持ができます。このあと紹介するLINEモバイルであれば、音声+データSIM(500MB)で月額1,100円(税抜)です。この価格で維持できるのなら、問題ないかと思います。

オススメの格安SIM

私のオススメはLINEモバイルです。オススメの理由は3つあります。

  1. 最安プラン(音声+データ500MB)で月額1,100円(税抜)とオトク
  2. オンラインで申込完結
  3. 日本帰国後もデータ量を上げればそのまま使える

日本帰国後もそのまま使えるという例でいうと、音声+データ(12GB)で月額3,200円(税込)です。日本滞在中にも使っていましたが、格安SIMとはいえ電波やクオリティには全く問題を感じませんでした

*LINEモバイルは、ソフトバンクとLINEの合弁会社なので安心ですね。

現地では携帯どうするの?

現地の携帯キャリアでSIMカードをゲットしましょう。私は欧州なので、大手キャリアの一つであるORANGEで契約しました。Wifi+携帯のセットで契約する同級生が多いですが、私の場合はWifi付きのアパートを契約しているので、携帯SIMだけを契約しています。

参考:Orangeの料金プランはこちら

欧州域内であれば、国内と同じようにそのまま使えるのでとても便利です。卒業間近になると銀行口座を締めなければならないので、口座を締める前にプリペイド契約に切り替えて対応します(定額プランは口座振替で支払わなければいけないため)。

渡航直後の場合:ホテル住まいで住所がないと思いますので、当日もしくは翌日に速攻ORANGEなどのショップにいき、プリペイド契約をしましょう。パスポートだけあればすぐに携帯番号と電波がゲットできます。プリペイドから、番号そのままで通常の契約に移行できるので、住所と口座がゲットできたら対応しましょう。

おわりに

日本のSIMを残しておくのがベターです。機内でSIMカードを差し替えれば、着陸後すぐに使えるので便利ですね。今回の記事が参考になれば幸いです。