マドリードIKEA事情

⑧スペイン生活情報
この記事は約3分で読めます。

はじめに

マドリードで新生活を迎え、家具や生活雑貨をそろえるためにIKEAに行きました。マドリードにあるIKEAは全部で5店舗あります。中心地の小型店舗が2店舗郊外の大型店舗が3店舗あります。それぞれの店の特徴と行ってみた感想を紹介します。

店舗情報

5店舗の詳細情報はこちらから

まずは中心地にある小型店舗に行きました。

ゴヤ店
生活雑貨、キッチン用品、ファブリック、子ども用品がありますが、品数は大分少なめです。家具よりも普段使う物が欲しいなと思う方は行ってみて欲しい物が見つかるかもしれません。

セラーノ店
ベットとマットレス、シーツなどがおいています。ベットというよりもマットレスとシーツなどが多い印象。

中心地の小型店舗では、探している大型家具が見つからず、郊外店舗のIKEA Ensanche de Vallecasに行くことにしました。

マドリードの中心地から大体車で20分、UBERで25ユーロ前後ですが、電車で行くと1時間程度かかりました(1ユーロちょっと)。

ここまでは普通のIKEAですが、カフェテリアの食事がスペインオリジナルで、チュロス、搾りたてオレンジジュース、トルティーリャ(スペイン風オムレツ)、生ハムなどが楽しめます。

大物小物を沢山購入。レジで会計を済ませた後にサービスカウンターへ。自宅までの輸送はマドリードの中心であれば49ユーロ詳細はこちらから)。組立ても追加料金を払えばできます。

できれば早く送って欲しいとお願いしたところ、IKEAのサービスでは4日後位になるよ。との事。そうしたら、IKEAのお兄さん、IKEA店内の違う運送会社の人に声をかけにいきました。

翌日届けてくれて、より安い43ユーロ。こちらの会社の人にお願いしました(翌日自宅にバッチリ届き、家の中まで運んでもらえました)。

こちらのIKEAですが、日本で言うイオンやららポーとのようなショッピングモールLa Gaviaと隣接しています。食品も家具も、服もなんでもココでそろえる事ができそうな感じ。最寄りの駅からIKEAのあるショッピングモールまでの子どもが遊べる大きな公園がありました。子どもがいたらかえりたくないと泣きそうです。

オンラインショッピング

IKEAスペインサイト(英語版)からオンライン注文もできます。店舗の購入とは別に、雑貨や子供用の椅子、バスタブまで15点ほど注文しました。圧倒的に楽ですが、マドリード市内の自宅までの送料が39ユーロかかりました。

おわりに

マドリード生活情報を順次追加していきますので、お楽しみに!

スペイン関連情報が盛りだくさんです。