IELTS7.0到達までの3ヶ月間の勉強内容(Sun体験談)

IELTS7.0を取るまでの3ヶ月の体験談IELTS
この記事は約6分で読めます。

IE留学のsunさんの体験談を公開します。

sun
sun

IELTSは問題形式を把握し、適切な勉強をすればスコアは必ず伸びます!留学される方や英語を勉強されている方にとってTOEFL100点IELTS7.0は一つの目標だと思います。

IELTS受験を経験し、スコアを確実に伸ばした体験談をお話しします。参考になれば!

こんな悩みありませんか?
  • IELTS7.0を最短で取りたい
  • IELTSのスコアが伸び悩んでいる
  • オススメの塾やサービス、参考書を知りたい

最終IELTSスコア7.0

スペインのIEビジネススクールに留学した私のIELTS最終スコア(受験前)は、TOTAL7.0 (R8.0, L7.0, S6.0, W6.0)です。このスコアはTOPスクールには足りませんが、志望していたスペインの学校には十分でした。

カウンセラーやアゴスに相談しながら、スコアアップより早期出願を優先しました。結果論ですが、ベストの選択肢だったと思います。

勉強期間は3ヶ月

1月にIELTSの勉強を開始し、2月に初受験、4月にIELTS7.0のスコアを出しました。勉強期間は3ヶ月です。

基本データ

<IELTS勉強開始時>

  • TOEIC900
  • 英検準1級
  • IELTS未経験

<IELTSスコア>

  • 2月受験 TOTAL6.5(R8.0, L7.0, S5.5, W5.5)
  • 4月受験 TOTAL7.0(R8.0, L7.0, S6.0, W6.0)

IELTS攻略基本戦略

体験談:IELTS攻略基本戦略を紹介します

①予備校での週1の授業(+予習復習)で、解き方を叩き込む

私は、LINGOに通いました。決め手は、10人程度の少人数制、体験授業で先生がとても熱心、Writing添削あり、低価格(全10回で入学金込の147,000円)だったからです。

IELTS未体験だったので選択したのはIELTS6.5コース。私は3回目から参加したので計8回(3時間/回)受講しました。受講料も10分の8の金額で済みました。

LINGO L.L.C(TOEFL® Test、IELTS対策に特化した留学試験対策専門校)

Sun
Sun

少人数だけあって、先生がとても丁寧で熱心でした。もう一度IELTSを受けるとしても、ここを選ぶと思います。

②IELTS単語を身につける

予備校と並行して、IELTS単語を身につけました。単語がわかると時間が短縮でき、正答率も上がります。「IELTS必須英単語4400」をやりこみました。(LINGOの先生が出している本です。)

好みに応じてこちらの参考書もオススメです。(1冊でも十分なボリュームです。)

過去問とスピーキング

解き方を学んだあとは、過去問とスピーキングの練習を試験直前に叩き込みました。

1ヶ月目(勉強開始〜初受験)

IELTS7.0スコア:1ヶ月目

最初の2週間は、IELTSという試験形式に慣れ、IELTSの本番試験を早めに経験することをターゲットにしました。

①IELTS入門書

IELTS入門書を購入。一通りやってみました。IELTSって何?どんな試験?というのを知ることが大事だと思います。

LINGO授業開始

最初の1ヶ月で2回の授業を受けました。リーディングとリスニングの解法知ることに集中し、ライティングは配布された表現集の暗記とその添削4問分しました。

③初受験

2月初受験。TOTAL6.5 (R8.0, L7.0, S5.5, W5.5)のIELTSスコアでした。

2ヶ月目(初受験〜最終授業)

IELTS7.0スコア:2ヶ月目

初回受験結果から、TOEICと英検のベースがあれば、ライティングとリスニングはある程度の点数が取れると判断しました。インプット科目の点数安定化とアウトプット科目両方6.0越えを目標とする。単語は継続します。

LINGO授業残り6回受講

ライティング添削は計12問。リライトと言って、同じ問題をもう一度書く(2回目)→再添削まで授業に含まれています(受講当時)。

授業計8回×2問=16問分のストックができあがり、ライティングは最低限の点数を取るレベルに達したと判断しました。

②スピーキング対策

LINGOのIELTSコース全10回のうち、2回分がスピーキングに当てられます(受講当時)。そこで解法と表現を身につけます。同時に質問回答リストをエクセルで作成。問題を体系的に網羅します。

参考記事:スピーキングPart1の問題まとめ

IELTSスピーキングPart1の想定問題集(1)
IELTSテストはライティング、スピーキング、リーディング、リスニングの4つの英語能力のテストです。その中のスピーキングテストは3つのパートに分かれます。今回は、その中のパート1の練習に役立つ想定問題集を紹介します。...

3ヶ月目(授業最終日〜2回目受験)

IELTS7.0スコア:3ヶ月目

LINGOで基礎を身につけたため、あとはIELTSテストの実践のみです。

①過去問を1冊

1冊分のIELTS過去問を行いました。4回分の過去問が収録されています。一番数字が大きいものが最新版です。IELTS過去問のおすすめの本です。(2020年10月時点で15が最新)。

4回分で足りなければ何冊かやり込んでも良いです。そして、復習を徹底的にやってください。

②Writing(ライティング)

ライティングは予備校の課題を書き直し(授業前、授業直後に続き、同じ問題3回目)→先生再添削。授業終了後の一定の期間は、添削してくれます。

同時に表現集の暗記を継続。アイディア出し練習(問題を見て論点を箇条書きで書き出す練習)。

③Speaking(スピーキング)

問答リストの暗記と修正を繰り返す(特に試験直前1週間で叩き込む)。

おわりに

最後によかったこと・反省点です

よかったこと

  • LINGOの授業を使い倒しました。予習は、1つの問題を解く時間を測りながら行いました。復習は、授業当日に問題を解き、数日後に同じ問題を行いました。つまり、1つの問題を4周します(予習→授業→復習→解き直し)。解き直しの際は満点取るまで行いました。
  • 戦略的に勉強し、結果的には、もあったと思います。どこかの科目で0.5点低ければ6.5 点でした。

反省点

  • TOTAL7.5に到達しなかった事は少し悔いが残ります。最低限の期間で、最低限の7.0に滑り込んだという感じです。
  • 7.5にはあと1〜2ヶ月程度必要(IELTS過去問あと1〜2冊、スピーキングでは繰り返しの回答練習)だと感じました。
Sun
Sun

参考になれば幸いです。参考記事も紹介しますね〜

タイトルとURLをコピーしました