MBA受験:推薦状の書き方と実際に聞かれた質問を公開します

①受験
この記事は約4分で読めます。

MBAを目指している方、MBA受験中の方は、以下のような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 推薦状について知りたい
  • 推薦状の具体的な進め方を知りたい
  • 推薦状で聞かれる質問について知りたい

この記事を読めば、『推薦状とは?』『誰にどうやってお願いするの?』『どうやって完成させるの?』『どんな質問があるの?』の4つを一通り知ることができます。

1. 推薦状とは?

推薦状は、願書、エッセイ、レジュメの内容を裏付けるだけでなく、出願者の資質を証明する具体的なエピソードを織り交ぜながら、入学審査官に出願者の魅力を伝える役割があります。

英語スコア、エッセイ、インタビュー、レジュメと同様に、推薦状は出願書類パッケージの重要な一部です。具体性に欠けていたり、信頼性に乏しいと判断される推薦状は効果が薄く、倫理コードに触れた場合には合格の取り消しさえも引き起こすことがありますのでご注意ください。

Sun
Sun

分量はワード1ページのイメージです。最近はオンラインフォームに記入するパターンが増えているようです。

2. 誰に頼むか?

MBAの場合は、ビジネスバックグラウンドの方から2通の推薦状が大半だと思います。基本的には自分のことをよくわかっている人の方が説得力があるので、1人は現職の上司、もう一人は元上司や自分のことをよく知る先輩などに依頼するパターンが多いと思います。

学校によっては、アカデミックバックグラウンドの方からの推薦状を求められる場合がありますが、この場合はゼミや研究室の教授が第一候補ではないでしょうか。

Sun
Sun

推薦状を書いて頂く方は、自分のことをよく知っている英語ができる海外留学経験者(MBAなど)であればベストですが、どれに当てはまらなくても、問題はありません。

3. 推薦状の作成の具体的なステップ

では具体的なステップを見ていきましょう。

依頼と打合せ

まずは依頼ですよね。出願時に完成していれば良いので、2ヶ月くらいあれば余裕を持って進められると思います。とはいえ、エッセーとも密接に関わってくるため、並行して進めるのが一番効率が良いです。

依頼をしたら(もしくは同時に)打ち合わせをしましょう。MBA経験者であれば説明は不要ですが、推薦状とは何か?推薦状で聞かれる内容は?推薦状でアピールしたい内容は?など伝えましょう。学校によって質問が被っていたり違ったりするので、無駄な作業が発生しないように、予め質問を整理してリスト化しておきましょう。

私の場合は、下記の写真のように全てA4一枚にまとめ、穴埋め式でまずはアイディア出しをお願いしました。

推薦状の作成

推薦状のアウトラインが定まれば、次は執筆を依頼しましょう。英語で書いてもらえればベストですが、日本語で書いてもらって業者などに翻訳を依頼するパターンもあるようです。

推薦状の注意点

推薦状の注意点をいくつか紹介します。

  • 推薦者同士で内容が被らないようにする(違う強みをアピールしたい)
  • エッセイとの整合性に気をつける
  • 上記を満たすように自分で一定のコントロールは必要

送付

送付する際は、推薦者を出願フォームに登録すると推薦者にメールがいくので、そこからサイン済の推薦状(PDF)を直接メール、リンクからフォームに記入のパターンがあるようです。

4. 推薦状で聞かれる質問の具体例

質問の具体例を見ていきましょう。色々な学校の質問例を6つにパターン化して紹介します。

  1. 本人との関係(どこで知り合った、いつから知っている、第一印象など)
  2. 強み(具体例)
  3. 改善点(MBAがなぜ必要か、MBAで伸ばすべき点)
  4. 本人が(ハードな)MBAをどう乗り越えるか
  5. リーダーシップやチームワーク(具体例)
  6. その他コメント

基本的には、エッセーと内容が被ってきますよね。

Sun
Sun

どの質問も、具体的なエピソードを含めて説明してもらいましょう。

おわりに

今回は推薦状の書き方、実際に聞かれた質問を詳しく紹介しました。具体例を見たい!というリクエストがございましたので、有料で推薦状の中身をNOTEで公開することにしました。くわしくはこちらの記事をどうぞ〜。

画像1

こちらのNOTEを購入すれば、エクセルファイルをダウンロード可能です。

タイトルとURLをコピーしました