TOEIC900→950までの推移:MBA受験前、合格後、留学後のスコア比較

TOEIC
この記事は約3分で読めます。

海外MBAに興味がある方、こんな悩みありませんか?

  • 海外MBAにはどれくらいの英語力が必要?
  • 海外MBAを取れば、英語力はどれくらい伸びるの?
  • 海外MBAとTOEICスコアの関係は?

今回の記事は、海外MBAを2020年に修了した私が、MBA留学とTOEICスコアの関係を実体験をもとに解説したいと思います。

私自身、TOEICスコアが900点前後で10年間全く伸びませんでした(MBA留学を経てもスコア変わらず)。これではいかん!!と、TOEIC対策を1週間本気でやったら、一気に950までスコアアップしました。

そる
そる

過去の黒歴史と、なぜ最近スコアアップしたのかを、解説していきます。

10年間の英語経験とTOEICスコアの変遷

恥ずかしながら、過去の英語試験のスコア遍歴を全て公開したいと思います。

  • 2010年 TOEIC800(初受験)
  • 2011年 TOEIC900、英検準1級合格
  • 2015年 TOEIC875
  • 2016年 TOEIC910
  • 2017年 TOEIC875
  • 2018年 IELTS7.0、GMAT660
  • 2019年 MBA受験終了(3校合格)、TOEIC910、英検1級合格
  • 2020年 海外MBA
  • 2021年 TOEIC915
  • 2022年 TOEIC950
そる
そる

10年間、TOEICスコアは全く変わっていませんが、TOEICで測れない技能(Speaking, Writing)は相当伸びたと思います。

なぜ、TOEICスコアが急激に伸びたのか?

私の長年の体験から言うと、一度900点を取ってしまえば、その後仕事で英語を日常的に使っていれば、TOEIC対策をしなくてもスコアはキープできると思います。私もTOEIC対策は全くせず、年に1回レベルチェックのために定期的に受けており、ずっと900点前後で推移していました。

ただし、それ以上のスコア(900後半)を取るためには対策は必須です。今回、TOEIC950を取得した私が、1週間だけ本気で取り組んだ参考書がこちらです。

TOEIC900点を超えてくると、いかに間違えないかが大切です。この本は、Part1からPart7まで、間違いやすいポイントを解説してくれます。問題数も多く、最後に1回分の模試もついているので、問題形式に慣れることができます。

この参考書を一周したおかげで、明らかに解答スピードと正答率が上がりました。テスト本番も、余裕をもって解くことができました。

そる
そる

リスニング音声も、スマホアプリから無料でダウンロードできます。再生速度を速くすることができるので、少し早めで慣れておけば、本番はゆっくり聞こえます。

おわりに

普段の仕事や海外MBAを通じて、私の英語運用力は相当レベルアップしていましたが、TOEICスコアだけが停滞しているのが悩みでした。今回、良い参考書に巡り合い、スコアをアップできた体験を通じて、やはりTOEIC対策は必須だったなと、改めて思いました。

今回の記事が、皆様の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました