MBA受験前と合格後のTOEICスコア比較

TOEIC
この記事は約2分で読めます。

今日はMBA受験前と、合格後でTOEICの点数が変わるのか!?という問いに実体験をもって答えたいと思います。

受験前

恥ずかしながら、過去の英語試験のスコア遍歴を全て公開したいと思います。

2010年 TOEIC800(初受験)

2011年 英検準1級合格、TOEIC900

2015年 TOEIC875(L445, R430)、TOEFL65(初受験)

2016年 TOEIC910(L460, R450)

2017年 TOEIC875(L445, R430)

スコア上では、6年間全然伸びていないです(泣)

2018年受験開始〜

2月 IELTS 6.5(L7.0, R8.0, W5.5, S5.5)

4月 IELTS 7.0(L7.0, R8.0, W6.0, S6.0)

11月 GMAT660(最終スコア、Q49, V31, IR7, AWA4)

合格後(2019年)

4月 TOEIC 910(L465, R445)

7月 英検一級合格

TOEICは全く伸びていない。。。

結論

TOEICのスコア上は、2011年の900から8年間でほぼ一定でした(Listeningだけは今回最高点)。

TOEIC対策は特にしていないので、スコア上はここが一次的な限界なのでしょうか。仕事や留学の準備を通じて、英語の運用能力ではかなり向上していると思いますが、こんなレベルでは留学で苦労することは間違いないです(追記:苦労しています泣)。

タイトルとURLをコピーしました