スペインVISA取得手続きまとめ(単身/家族帯同)

②留学前・渡航準備
この記事は約9分で読めます。

VISAの取得は時間とお金がかかります。やることはシンプルで、必要な書類を全て揃え、スペイン大使館に提出するだけなのですが、必要書類に関する情報を集め、読み解き、関係各所に問い合わせ、実際に書類を過不足なくゲットするのが大変です。

編集局
編集局

SunとHAYAの2人の実例を交えながら、ビザに必要な書類とその集め方を、徹底解説していきます。

この記事を読めばわかること
  • 本人と家族分のVISA取得に必要な書類と入手方法
  • VISA取得の体験談やアドバイス
HAYA
HAYA

会社とかで人事がビザで対応悪いとか言いますが、個人でやってその大変さを実感します。言うても大企業で海外赴任って手厚いなと実感します。

Sun
Sun

実例をもとに解説しているので、情報は参考程度にお考えください。正確な情報を入手するために、必ず大使館や学校、関係省庁に問い合わせてください。

①留学研究査証の申請方法(本人分と家族分)

スペイン大使館のページに、必要書類と申請方法が記載されています(日本語)。まずは下記のページを熟読しましょう。

Sun
Sun

VISA手続きに関しては、スペイン大使館にメールで聞けます。割とすぐに返事がもらえました(電話は全く出てくれないので、絶対にメールをお勧めします)。

②VISA申請に必要な書類一覧

私がスペイン大使館の書類から転記したものなので、必ずオリジナルを確認くださいね(数字は書類に合わせています)。

本人用家族用
1.査証申請書1.査証申請書
2.写真2.写真
3.パスポートとコピー1部3.パスポートとコピー1部
4.滞在目的を証明する書類4.左のコピー(入学許可証)
5.海外旅行保険証書5.戸籍謄本と住民票
6.経済能力を証明するもの6.左の原本とコピー1部
7.航空券の予約確認書7.健康診断書(6ヶ月未満の滞在不要)
8.渡航同意書(18歳未満のみ)8.無犯罪証明書(18歳以上のみ)
<滞在日数が181日以上の場合>9.海外旅行保険証書
1.健康診断書10.手数料(日本国籍は無料)
2.無犯罪証明書11.連絡用データ・メモ用紙

③必要書類の詳細

本人の部分をまずは説明し、そのあとに家族用に追加で必要なものを記載します。番号は上記のリストと一致しています。

1. 査証申請書

必要事項を記入しましょう。本人+家族全員分必要です。

2. 写真

本人+家族全員分必要なので、撮りましょう。私は子供が小さいため自販機みたいなところではなく、カメラのキタムラで撮りました。全員分で5,000円程度だったと記憶しています。もちろん、自販機みたいな写真でも全くOKです(ただしカラーで背景は白の指定あり)。

カメラのキタムラ:http://www.kitamura-print.com/photo_id/

3. パスポート

これは問題ないですね。原本と、写真ページのコピーが必要です。

4. 滞在目的を証明する書類

学校から本件についてのメールが来るので、メールに記載されているリンクから必要情報を入力しましょう(これをやらないと手続きが進まないので注意)。

必要情報を入力すると、しばらくして原本が郵送されてきます。

Sun
Sun

事前コース(語学など)がある場合は、事前コースの内容が記載されたものが追加で必要です。

5. 海外旅行保険証書

先輩方に聞きながら、適当なものに入りましょう。

Sun
Sun

私は学校指定の保険がなかったので、日系の保険に入りました。日本の保険だと最低14万円/月はかかりそうです。

現地の保険の方が圧倒的に安いので、そちらを選ぶ人もいます。

HAYA
HAYA

私は子供2人もいて、保険料だけで馬鹿にならないし、ポーランドでも現地の病院でも何とかなったので、現地の保険にすることに。学校と提携しているところが、Cigna、Asdelas、Sanitasの3つで検討。英語の資料が一番充実しているのがCignaだと感じた。メールの返信も素早かったのでCignaに決定。現地の保険だと40EUR/月くらいで済むので大きな違い。Cignaはカードで最初の12か月間を支払う仕組み。その後Certificteは非常に早くもらったが、性別に間違い発覚。問い合わせて再度発行。ちなみに保険期間は、渡航日からカバーされていないとダメと大使館から言われ、マドリード到着を11月最終日にしていたため、泣く泣く保険は11月から入るものにした。

Sun
Sun

子供がいる方は、確実に病院にお世話になると思います。

6. 経済能力を証明する書類

残高証明が一番楽です。参考までに三菱UFJ銀行のWEBサイトを紹介します。

残高証明書 | 三菱UFJ銀行
残高証明書
Sun
Sun

社費の人は、会社が経済的に保証するという証明書を発行してもらうパターンもあります。

HAYA
HAYA

私の事例を参考までに紹介します。

・野村證券、SBI証券

電話一本で申請可。SBI証券は月末の残高しか出せない。郵送で一週間。

・三井住友銀行

郵送で10日営業日。口座の支店だとすぐ証明書が出せると最寄りの支店に言われ、わざわざ口座の支店に行ったが、結局そんな仕組みはなくなった。一枚につき900円と割高。英文と和文英訳選べる。預金日の指定もできる。

・ポーランド Bank Pekao

WEBの自分の口座でStatementというのがダウンロードできるので、それで臨む。残高証明は何もユーロである必要はない、ポーランドズローチの場合は、為替表をつけたらOKと大使館からの回答。

※結局経済力証明は、WEB通帳明細の印刷だけで問題なかった模様。
※残高証明書はスペインで賃貸契約のための書類として利用することになりました。

7. 航空券の予約確認書

航空券の予約確認書でOKでした。滞在が1年を超えるため、片道の航空券しか発券できず、高かったです。

渡航日は、スペイン語コースが始まる2週間前くらいで申請しました。あまり早いとVISAがおりない可能性があるのでご注意ください

Sun
Sun

大使館の人曰く、開始日の2週間前くらいが安全、それより前だと厳しいかな、3週間前はうーん微妙ですね、というコメントでした。

8. 渡航同意書(18歳未満のみ)

MBA留学される方は18歳以上なので、こちらは不要です。

(滞在181日以上) 1.健康診断書

病院に行って、スペイン大使館の雛形に記載してもらいましょう。私の場合は一人8,000円程度、診察後その場で発行してもらえました(病院によって値段は異なるらしい)。有効期限が1ヶ月なので取得するタイミングにご注意ください。

外務省のアポスティーユが必要と書いてありますが、2019年9月の段階でアポスティーユは不要になっていました。

Sun
Sun

私が行ったところは、こちらでした。日比谷クリニック(

https://hibiya-clinic.com/medical_certificate/

HAYA
HAYA

会社の健康診断の時期が丁度重なっていたため、それと兼用することに。英文の健康診断書が必要で、私がいったところは2000円で対応してもらいました。

(滞在181日以上) 2.無犯罪証明書

有効期間が3ヶ月なので、一番最初に入手すべき書類です。外務省のアポスティーユが必要と書類には書いてありますが、2019年9月の段階でアポスティーユは不要になっていました。

Sun
Sun

私の場合は東京都在住ですので、警視庁でした(参考ページ)。東京都以外は県警本部に行きます。出来上がりまで約2週間なので、再度警視庁に訪問して取りにいきました。。

HAYA
HAYA

私は大阪の警察本部に行きました。警察本部などいったことないので面白い経験でした。

*過去5年以内に海外に滞在していた方は、その国での無犯罪証明書が必要で、時間や手間ががかります。早めに取り掛かることをオススメします。

HAYA
HAYA

ポーランドの場合、取得に2週間ほどかかった模様。証明書がポーランド語のため、ボーランド大使館で翻訳認証してください、と言われる。ポーランド大使館に電話すると、そんなのやってない、とたらい回し。再度スペイン大使館に問い合わせ、ポーランド本国での宣誓翻訳でOKでした。

(家族帯同の場合)追加で必要な書類

5.戸籍謄本と住民票

まずは役所で両方の原本を取り寄せ、両方ともスペイン語訳が必要です。ネットを参考に自分で翻訳する人もいますが、私は業者に頼みました(翻訳証明は不要)。参考になりそうなリンクを貼っておきます。

翻訳業者の例:https://www.cut-bell.com/article/14675079.html

自分で翻訳した人のブログ:https://www.kayokana.com/entry/2019/04/06/051508

アポスティーユが必要

アポスティーユとは、日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明になります。

健康診断書と無犯罪証明、住民票にアポスティーユは不要ですが、戸籍謄本のみ、外務省のアポスティーユが必要です。外務省に赴いて、その場で必要書類に記載して書類提出、翌日窓口受け取りでした。

外務省HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000548.html

いよいよ申請

上記の書類を全て揃えてVISAを申請し、VISAがおりるのを待つのみです。提出後、6週間後に取りに来るよう指示があり、無事に受け取りました。

注意点として、ここで入手できるVISAは入国から3ヶ月分しか出ないので、スペインに到着してから延長の手続きをする必要があります。こちらは学校の指示に従えば問題ありません。

HAYA
HAYA

そして何よりも面倒くさいのは申請も、受取もスペイン大使館に直接出向く必要があり、スペイン大使館は東京にあるので、大阪住民の私としては2度も東京に行かなければならなかったです(大人は全員出頭、子供は出頭不要)。

学校関係の書類について

ちなみに、VISAとは関係ないですが、学校から卒業証明書にアポスティーユをつけて原本を持参してくださいと言われました(ビジネススクールの卒業証明書の発行に必要)。

そのため、戸籍謄本と共にアポスティーユ申請をしたら、外務省の窓口の人に、アポスティーユはできません、公印確認をして、スペイン大使館で領事認証をもらってくれと言われました。学校側に確認したら公印認証+領事認証でOKとのこと。大学が国立大学法人なのでアポスティーユできないそうです。

公印認証済みの卒業証明書を外務省で受け取ったあと、大使館に赴いて領事認証を申請。1枚800円ちょっとでした。自宅に郵送してもらう場合は切手の貼った封筒を持参する必要があるのでご注意を(近くのコンビニで購入)。1週間以内に自宅に届きました。

おわりに

かなり長編でしたが、少しでも参考になれば幸いです。内容はあくまで一例で、全く責任は取れませんのでご注意を。正確な情報は大使館、学校、関係省庁に必ず問い合わせることが必要です。

タイトルとURLをコピーしました