独学MBA09_授業で使われた動画まとめ

0. 全体感の把握
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。今回は、MBAの授業や自分の勉強で参考にした動画の中から、特におすすめの動画をまとめてみました。どの授業でも動画が使われますし、事前や事後課題として出されることもあります。

0.全体感の把握

一番人気だったのがこの動画。アントレ、マーケ、リーダーシップ、キャリア、スピーチなど、多くの授業で使われました。優れたリーダーはWhy→How→Whatの順番で人々を説得していきます。とにかく何回も出てくるので、私たちのグループ課題は全てWhyから説明するようになりました。

1. 思考(クリティカルシンキング、データ分析)

まとめ中

2. 経営戦略

まとめ中

3. マーケティング

マーケティングが上手な企業の例として、IKEAが紹介されました。

マーケティングの授業では、毎回冒頭に指名された人がCMを流し、背景や理由を説明した後に、クラスでディスカッションをしました。とても考えさせられるものが多かったので、いくつか紹介します。

NikeはMBA生に大人気なので、何回も登場しました。

数十万円の費用で作ったコミカルなYoutube動画が大ヒットし、ユニリーバに1,000億円で買収された、Dollar Shave Club(カミソリの替刃のサブスクリプションサービス)の紹介もありました。

IEのMBAは女性比率が3割くらいなのですが、彼女たちが紹介してくれた動画がこちらです。

少し変化球ですが、とてもインパクトの強いエジプトの乳製品のCMも紹介されました。

4. アカウンティング

簿記など地道な計算も授業で習うので、教授が学生をモチベートするために紹介したコミカルな動画です。テスト勉強の時は学生同士でこれをシェアしてました笑

5. ファイナンス

探索中

6. 人事・組織

リーダーシップ関連の授業内容と動画はこちらにまとめています。

7. テクノロジー

この授業では、数えきれないほど多くの動画が取り上げられましたので、おすすめをピックアップします。

第4次産業革命はこの動画がわかりやすいです。

クラウドコンピューティングはこの動画で理解しましょう。

AIについてはこの動画がわかりやすいです。

IoT(インターネットオブシングス)は、Iotの解説動画と、GE(General Electric)のデジタルプラットフォームの動画で理解しましょう。

次はVUCA(ビジネス環境の変化が速く、先の予測が困難な現在の社会を表した言葉)を動画で紹介します。Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べたアクロニムになります。

また、Disruptive Innovation(破壊的なイノベーション)はこの動画がわかりやすいです。

現代のキーワードの一つ、集合知あるいは集団の創造性を説明した大人気動画です。

2020年の戦略的テクノロジーTOP10と、ブロックチェーンは必ず押さえましょう。

最後に、オートメーション、デジタル時代の人々のつながりと他人との信頼関係について3本の動画で締め括ります。

8. コミュニケーション

スピーチの授業では、アメリカの大統領(オバマ、トランプとヒラリーの対比)がよく使われます。

また、スピーチと言えばキング牧師も例に出てきました。

スピーチは生まれ持った才能なのか?いや、スピーチは練習によって磨かれるという文脈で紹介された動画です。

9. アントレプレナーシップ

こちらの記事で、授業内容と動画をまとめています。

10. その他

ハーバードビジネススクールのケーススタディの動画があったので、紹介します。少し古い動画ですが、イメージはまさにこんな感じです。

おわりに

動画で学ぶのは、とても楽しくて理解が進みますね。今後も追加していきます。

独学MBAカリキュラム⓪全体間の把握はようやく終わり、①思考(クリティカルシンキング)に進みます。

タイトルとURLをコピーしました