MBA卒業生インタビュー:IEビジネススクールはどんなところ?

①MBA受験
この記事は約4分で読めます。

IE卒業生に、IEってどんなところ?をインタビューしました。答えていただいたのは、2020年にIEを卒業されたHayaさんです。

HayaさんのMBA留学は、コロナの影響を大きく受けました。困難な1年でしたが、しっかり得るものを得て、自身の立場や日本の立場を考えることができるようになったと、お話ししていただきました。

今回は、IEビジネススクールについてのインタビュー内容を紹介します。

前回の記事はこちら(MBA卒業生インタビュー:MBA留学のメリット・デメリット

IEビジネススクール

私のMBA留学したのは、IEビジネススクールです。1年制のフルタイムMBAのプログラムを修了しました。IEのコンセプトは、以下3点が特徴的です。

IEのコンセプト
  • Entrepreneurship Is A Way Of Life
  • Tech Immersion & Culture Of Innovation
  • A Diverse Experience

IEはMBAのプログラムのある学校の中でも、アントレプレナーシップ教育に力を入れています。また、IEの学生は90%以上が留学生で、世界中から学びにきた同級生と過ごすプログラムは、とても刺激的でした。

IEのプログラム

IEのプログラムは、他の学校と同じように、ビジネスの基礎知識、リーダーシッププログラム、テクノロジー系のプログラム、アントレプレナーシップのプログラムを、必修科目のTerm1-2、Lab Period、Elective Periodのカリキュラムで進めていきます。

ビジネス基礎

会計やファイナンスについては、数字や管理に強い日本人は得意な分野かと思います。ただ、基礎知識のため、教科書で十分できますし、日本語で受講できるのであれば、そちらの方が効率的だと思いました。

ポイント
  • 会計やファイナンス知識は教科書でできる
  • 日本語で受講する方が効率的
  • 数字や管理など日本人が強い部分である

リーダーシップ

リーダーシップのプログラムでは、様々なテーマをクラス内で議論し、自分の意見を発信していきます。正解のないテーマに対して、英語で議論することは、日本人が最も苦労する分野だなと痛感しました。それと同時に、クラスメイトの発信力の強さも感じました。リーダーシップは授業だけじゃなく、グループワークや日常生活でも常に問われていると感じました。

ポイント
  • ディスカッションは日本人がもっとも苦労する分野
  • 発信力の重要性を感じることができた
  • リーダーシップは授業以外でも学べる

テクノロジー系

必修科目とTech Lab(Lab Period)で学びましたが、授業内容は広く浅くでした。今まで使ったことのないアプリに触れる機会も多くありました。深く学びたい分野は、Electiveの授業を活用したり、周りにはTech MBAとのデュアルディグリーを取る同級生も一定数いました。

ポイント
  • 授業内容は浅く広く
  • 様々なアプリに触れる機会あり   (Canva, Invision, Toredo, Miroなど)
  • Data Analytics(分析学)を受講し、2つの学位を取る学生も多い

アントレプレナーシップ

アントレプレナーシップのプログラムは、実際に自分たちのプロジェクトで進めていきます。プロジェクトを進めつつ、教授(ほぼ全員が起業家か投資家、あるいは両方)が講義をしてくれたり、適宜アドバイスをくれたりします。起業プロジェクトを進める中で、まず動くことの大切さ、自分らしさとは何か、自分が提供できるもの、発信できるものは何かと、たくさん考えさせられました。

また、スタートアップは仲間と行うことも多いです。ダイバーシティのチームでは、様々なドラマがありました。大変でしたが、楽しかった思い出です。

ポイント
  • 起業することの重要性と楽しみを感じられる
  • 多様性の中でのプロジェクト運営にはドラマがあります
  • 自分らしさを考えさせられる

IEのカリキュラム

私の受講したフルタイムMBAのカリキュラムです。コロナ禍で特別な部分もありましたが、基本的には下記の通りです。希望者は、延長プログラムを受けることができます。

おわりに

IEを卒業して思うことは、授業だけなら学費は見合わないですが、1年間の留学生活で学費以上のものを得たと思っています。クラスメイトの多くが優秀であり、その中で自分も向上できたこと。自分の価値観にとらわれず、違いを楽しみ、挑戦するような日常を得たこと。自分のポジションや強み・弱みなども見えてきました。

欲を言えば20代後半に行きたかったなと思いもありますが、楽しくも大変な、怒涛の1年間でした。

今回は、IEビジネススクールの様子について教えていただきました。次回は、受験費用や留学費用の実際を、伺いたいと思います。

次の記事はこちらをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました