スペインVISA取得手続きまとめ

こんにちは、誰もが通る道ですが、VISAの取得は時間とお金がかかります。やることはシンプルで、必要な書類を全て揃え、スペイン大使館に提出するだけなのですが、何をどうすればいいのか情報を集め、読み解き、関係各所に問い合わせるのが大変です。そこで、私の方で未来のVISA取得を目指す方のために、VISA情報をまとめました。

追記:VISAを無事GETしました!!

注:私の一例なので、参考程度にお考えください(責任は取れません)。正確な情報を入手するために、必ず大使館や学校、関係省庁に問い合わせてください。

①留学研究査証の申請方法(本人分)

スペイン大使館のページに必要書類が記載されています(日本語)。まずは下記のページの申請方法のPDFファイルを熟読しましょう。

http://www.exteriores.gob.es/Embajadas/TOKIO/ja/ServiciosConsulares/Paginas/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B6.aspx

②留学生の扶養家族同居査証の申請方法(家族分)

私の場合は家族帯同ですので、家族用の書類が必要です。スペイン大使館に問い合わせて入手ください。その他、VISA手続きに関して不明点もメールで聞けます。割とすぐに返事がもらえました(電話は全然出てもらえないそうなので、メールをお勧めします)。

問い合わせ先(メール):http://www.exteriores.gob.es/Embajadas/TOKIO/ja/Embajada/Paginas/HorariosLocalizacionContacto.aspx

③VISA申請に必要な書類(まとめ)

私が上記2つの申請方法のファイルから転記したものなので、必ずオリジナルを確認くださいね。

本人家族
1.査証申請書 1.査証申請書
2.写真2.写真
3.パスポートとコピー1部3.パスポートとコピー1部
4.滞在目的を証明する書類4.左のコピー(入学許可証)
5.海外旅行保険証書5.戸籍謄本と住民票
6.経済能力を証明するもの6.左の原本とコピー1部
7.航空券の予約確認書7.健康診断書(6ヶ月未満の滞在不要)
8.渡航同意書(18歳未満のみ)8.無犯罪証明書(18歳以上のみ)
<滞在日数が181日以上の場合>9.海外旅行保険証書
1.健康診断書10.手数料(日本国籍は無料)
2.無犯罪証明書11.連絡用データ・メモ用紙

参考:スペイン留学代行センターhttps://www.spain-ryugaku.jp/information/visa.html

④必要書類それぞれの詳細メモ

詳細を記していきますね。本人の部分を全て説明し、追加で家族VISAに必要なものを記載します。

1.査証申請書

必要事項を記入しましょう。家族全員分必要です。

2.写真

撮りましょう。私は子供が小さいため自販機みたいなところではなく、カメラのキタムラで撮りました。全員分で5,000円程度だったと記憶しています。もちろん、自販機みたいな写真でも全くOKです(ただしカラーで背景は白)。

カメラのキタムラ:http://www.kitamura-print.com/photo_id/

3.パスポート

これは問題ないですね。原本と、写真ページのコピーが必要です。

4.滞在目的を証明する書類

学校に発行してもらい、原本を郵送してもらいましょう(スペイン語で書かれたもの)。事前の語学コースがある場合は、そちらの内容も記載されたものが必要でした。

5.海外旅行保険証書

学校指定の保険があればそれに入り、なければ適当に入りましょう。私は学校指定の保険がなかったので、日系損保の保険に入りました。

6.経済能力を証明する書類

残高証明が一番楽だと思います。三菱UFJ銀行のサイトを例にあげておきます。社費の人は会社が経済的に保証するという証明書を発行してもらうパターンもあるそうです。

三菱UFJ銀行HP:https://www.bk.mufg.jp/tsukau/tetsuduki/zandaka/index.html

7.航空券の予約確認書

航空券の予約をして予約確認書でOKでした。滞在が1年を超えるため、片道の航空券しか発見できず、高かったです。渡航日は授業が始まる2週間前くらいで申請しました。あまり早いとVISAがおりない可能性があるのでご注意ください(大使館の人曰く、2週間くらいが安全、それより前だと厳しいかな、3週間はうーん微妙ですね、というコメントでした)

8.渡航同意書(18歳未満のみ)

私の場合は不要です。

(滞在181日以上) 1.健康診断書

病院に行って、スペイン大使館の雛形に記載してもらいましょう。私の場合は一人8,000円程度、診察後すぐに発行してもらえました(病院によって値段は異なるらしい)。有効期限が1ヶ月なので取得するタイミングにご注意ください。外務省のアポスティーユが必要と書いてありますが、私が申請した2019年9月の段階でアポスティーユは不要に変わっていました。

(参考)日比谷クリニック:https://hibiya-clinic.com/medical_certificate/

(滞在181日以上) 2.無犯罪証明書

私の場合は東京都在住ですので、警視庁に発行頂きました。下記に警視庁の該当ページを貼っておきます。申請自体は30分程度(受付横の待合室で順番を待たされます)、出来上がりまで約2週間でした。再度警視庁に訪問して取りにいきました(受け取るだけなのですぐ)。有効期間が3ヶ月なので、一番最初にGetした書類でした。こちらも、外務省のアポスティーユが必要と書いてありますが、私が申請した2019年9月の段階でアポスティーユは不要に変わっていました。

警視庁HP:https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/tetsuzuki/toko/toko.html

(家族帯同の場合)5.戸籍謄本と住民票

まずは役所で両方の原本を取り寄せ、両方ともスペイン語訳が必要です。ネットを参考に自分でやる人もいますが、私は業者に頼みました(翻訳証明は不要)。参考になりそうなリンクを貼っておきます。

翻訳業者の例:https://www.cut-bell.com/article/14675079.html

自分で翻訳した人のブログ:https://www.kayokana.com/entry/2019/04/06/051508

先ほど健康診断書と無犯罪照明にアポスティーユは不要と言いましたが、今回の戸籍謄本は外務省のアポスティーユが必要です(住民票は不要)。アポスティーユに関しては外務省HPのリンクを貼っておきます。私の場合は、外務省に赴いて、その場で必要書類に記載して戸籍謄本と共に窓口提出、翌日窓口受け取りでした。

外務省HP:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000548.html

ちなみに、VISAとは関係ないですが、私の場合はビジネススクールから卒業証明書にアポスティーユをつけて原本を持参しろと言われました(ビジネススクールの卒業証明書の発行に必要とのこと)。そのため、戸籍謄本と共にアポスティーユ申請をしたら、外務省の窓口の人に、アポスティーユはできません、公印確認をして、スペイン大使館で領事認証をもらってくれと言われました。学校側に確認したら公印認証+領事認証でOKとのこと。大学が国立大学法人なのでアポスティーユできないそうです。よって、公印認証済みの卒業証明書を外務省で受け取ったあと、大使館に赴いて領事認証を申請。1枚800円ちょっと。郵送の場合は切手の貼った封筒を持参する必要があるのでご注意を。1週間以内に自宅に届きました。

いよいよVISA申請

上記の書類を全て揃えてVISAを申請し、VISAがおりるのを待つのみです。提出後、混んでいるので6週間後に取りに来るよう指示がありました(不備があれば連絡が来るとのこと。現段階でまだ受け取っていません)。

*追記:VISAを無事に受け取りました!!

おわりに

かなり長編でしたが、少しでも参考になれば幸いです。内容はあくまで私の一例ですので全く責任は取れませんのでご注意を。正確な情報は大使館、学校、関係省庁に必ず問い合わせることが必要です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大