MBAホルダーが紹介!2022年に読んだ本(目指せ!4年連続年間100冊)

⑤卒業後
この記事は約4分で読めます。

私はプロフィールに年間100冊読む、MBAブロガーと書いている通り、2019年から3年連続で、年間100冊を読破しています。2022年についても100冊に向けて、いいペースで進んでいます。

この記事を読めばわかること
  • 年間100冊読む読書好きが本当にオススメする本
  • MBA卒業後に働きながら読んでいる本
  • ビジネス関連のオススメ本
Sun
Sun

おすすめ本を厳選して紹介していきます!

MBA関連

MBA独学カリキュラムに沿って紹介します。MBAで学んだ知識をベースに、最新の情報をアップデートしていきます。

1. 思考(クリシン・データ分析)

有名ブロガーのちきりんさんの最新刊です。正解のない問題に直面した際に、自分の意見を持ち、意思決定をするための方法がわかりやすく解説されています。

そる
そる

ちきりんさんの「現代を生き抜くための根幹の力を解説するシリーズ(4部作)」の完結編です。

2. 経営戦略

経営戦略の重要テーマであるM&Aについては、こちらの記事でまとめています。

3. マーケティング

40万人のフォロワー数を誇る、文具メーカー「キングジム」のTwitter担当者が書いた本。SNSマーケティングのお手本となるようなリアルな体験談が紹介されています。

Yahoo!ニュース、東洋経済オンライン、文春オンラインなどの、日本を代表するWebメディアのノウハウが詳しく紹介されています。

8. テクノロジー

近年、注目されている仕事「カスタマーサクセス」についての入門書です。あらゆる業界で「定額制」「サブスクリプション」が広がる今日のビジネス環境において、最重要課題であるカスタマーサクセスについて解説された本です。

10. その他

MBA受験から合格、渡航準備から海外生活、MBA卒業後までの一連の流れを、パートナーの目線から書いた本です。

リクルート出身の広島県教育長の改革について書かれた本です。従来の日本の教育(講義形式、インプット、詰め込み教育)と、MBAのようなグローバル教育の違いについても考えさせられる本です。

関連記事:世界のビジネススクールが採用する、最先端の教育メソッド7選

そる
そる

MBAの独学や予習におすすめの本はこちらでまとめています。

キャリア

「ダークホース(型破りな成功をした人)」が何人か紹介され、彼らの共通点が解説されています。最大の共通点は「本来の自分であること(=充足感)」を追い求めていたらいつの間にか成功していたということであり、自分らしいキャリアを考えるためのヒントが得られる本です。

会社軸ではなく、職種を軸に解説した新しい仕事図鑑です。22の職種のリアルを知ることができます。

おわりに

2022年も100冊を目指し、読んだ本をブログでアウトプットしていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました